読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全く更新していなかったので

【その他】その他

全く更新していなかったので、ブログの冒頭に「この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。」という広告がデカデカと表示されるようになってしまった。以前にこのような機能はなかった気がするが、ともかくもの悲しい気分だ。

普段このブログは一年に一度、たいてい冬に新しい小説を投稿する。去年の一月か、二月か、それさえもはっきり覚えていないが、前回投稿したのは『小麦色の娘』である。

401.hatenablog.com

多くのコメント(約二つ)をいただいたが、賛否両論含め興味深く、また大変ありがたく拝読している。

さて、今度近いうちに例年通り新しい小説を投稿――したいところだが、実は何も書いていない。そもそも毎年冬季に新作を投稿するのは、私が冬に強いこだわりを持っているからではなく、単に忙しい忙しいと呟きながらゆっくりだらだらと書き連ねたら、いつの間にか毎年ペースで冬に投稿するようになっただけなのだ。今回、一文字たりとも新作を書いていないことについての言い訳を述べるとすれば、もちろん、忙しいからである。(実際には怠け癖が治らなかったりHoi3にはまり込んだりしているだけなのだが

とは言いつつも、実際には、一切何も書いていないわけではない。

続きを読む

以前使っていたスマホ SH-M01 がポンコツ過ぎたので Xperia XA Ultra に買い替えた話。

【その他】横書き

SHARP SH-M01 から SONY Xperia XA Ultra への買い替えに関する雑記録。必要があれば参考にしてね。

続きを読む

テスト microsoft live writer

【その他】その他

先日、家族共用のwindows7を久しぶりに操作した。

「全てのプログラム」を何気なくチェックしていると「microsoft live writer」を発見、好奇心からggってみて今に至る。

 

さて、この記事は果たしてmicrosoft live writerが正しく動作しているか、はてな記法が使えるかのテスト記事である。

他に特に内容なし。

新作はまだ何も書いていないです。このままでは1年に1度という破壊的なスローペースで小説投稿をせざる得ない気がする。怠けすぎだ。

 

ツイッターはほぼ毎日のように呟いている。idは <b>@Khovtoliv</b> なのでよろしければ一度ご覧あれ。

[https://twitter.com/Khovtoliv:embed:cite]

 

……とか何とか言いつつも、最近はほとんどリツイートが占めている。

したがって、あくまでも自分の言葉で語る部分はこのブログのほうに書く、ということを検討せざるえない。

 

テストは以上。結局のところはてな記法は2回しか使っていない。何なんだこのブログは。

【追記】
テスト失敗したよ日本死ね。どうすんだよ、microsoft live writer 活躍できないじゃないか。

金正日から金正恩へ――北朝鮮音楽の変貌に関する素人並の感想

【その他】横書き

f:id:kodai795:20160310140620j:plain

 最近は「北朝鮮音楽の研究」というブログを拝読させていただいている。
song-of-dprk.hatenablog.jp

 このブログは主に金正日時代の普天堡電子楽団旺載山軽音楽団などの名曲を和訳、解説している。あの「コンギョ」こと『攻撃の勢いで』もあるので是非覗いてみてはいかがだろうか。

 さて、若き金正恩が最高指導者の座に就いてから4年以上経過した。核実験やミサイル発射などの物騒なニュースは新聞の国際面を日々賑わすが、「北朝鮮音楽の研究」で紹介されているような、北朝鮮の音楽に関するニュースは比較的少ない。しかしながら、これは北朝鮮音楽の無価値を意味せず、むしろ逆である、と明言する必要がある。というのも、王朝を語る上でその特徴的な文化を知ることは避けられないのだ。特に、人民を統治する手段として文化を積極的に活用するという、20世紀全体主義の影響が色濃く残る北朝鮮はなおさらである。

続きを読む

スメハチ、こんな写真。そして『ルンバのストライキ』の反省

【その他】横書き

 今から3ヶ月ちょっと前、『ルンバのストライキ』という作品を投稿しました。予想以上の数のスター、コメントといった反応をいただいて、たいへん心嬉しい一方、驚いてもいます。

401.hatenablog.com

 やはり「文相」という言葉のあるとおり、私の文章の青さはばればれでした。特に、「必然性もなく固有名詞を用いて自らの知識を開陳しようとする際特有のうさんくささ」*1においてはひときわ反省が必要です。江國香織さんの作品のように、伏線的なコンテクストととして、固有名詞を活用すべきでしょうか。

*1:id:fuckmeonyourhouseさんのコメントから

続きを読む

かつて誰もが「芸術家」だった ~『うごくメモ帳』というゲームより

【その他】横書き

 この画像を知っている人は今もいるのだろうか。


 これはニンテンドーDSiのゲーム「うごくメモ帳」。通称「うごメモ」。DSiシリーズのゲームで、もともと備え付けてあった(つまり無料だった)。
 このゲームは2008年に配信が始まった。今から7年前、北京五輪の年である。
 

 「うごメモ」はアニメーションを描くゲームだった。自由度が高いので、アニメーションのパターンは無限。完成したアニメーションは「作品」と呼ばれていた。

続きを読む